▲JR四国の駅と車窓 【裏】33箇所巡礼のトップへ戻る
第26番札所 池谷駅(いけのたにえき)「狸と謎の徳利と」
住所: 徳島県鳴門市大麻町池谷字柳の本100-1
路線区名: 高徳線・鳴門線
駅員: いません
一日に停まる列車の本数:
「三本足の跨線橋と巨大徳利の駅」

 池谷駅は四国の幹線である高徳線とローカル線である鳴門線とがVの字に分岐する鳴門線の起点駅である。終点の鳴門駅まで8.5キロ、7つしかない駅、普通列車のみ、端から端まで運賃 円の、これぞローカル線と呼ぶにふさわしい鳴門線である。

 鉄道マニアにとっての池谷駅の見処は有名な三叉の跨線橋である。V字に分かれた二つのホームに挟まれた位置に駅舎があるため、どの方面の列車に乗るにも、駅舎から一旦この跨線橋の真ん中の階段に登り左右に渡らなければならない。もともと無人駅なので、周りの田んぼのどこからでもホームにあがれるはずなんだが、そのあたりは行儀良く造られているのである。

 一方、一般の人にとっての見処は、駅舎から跨線橋に登る手前の茂みにある、狸の祠と巨大な徳利とお猪口である。近くには県下随一の清酒『鳴門鯛』の酒蔵があるのだが、その広告ではない。この駅が出来る前にここに住んでいた段四郎狸をお祀りした祠であるとの説明がそえられてあった。おそらく徳利とお猪口とはいわゆる「お供え物のお酒」としてつくられたのであろう。

 およそどの地域でもどの時代においても、線路や駅は国策として造られたものであるが、敷設の際に立ち退きにあった狸にきちんと礼を尽くしている姿勢は、古来より狸を自然界の眷属として親しんできた狸王国・四国らしいところである。



クリックすると拡大します
「田園地帯の閑静な駅である。」
田園地帯の閑静な駅である。

クリックすると拡大します
「三つ足跨線橋から高松方面を背にして、左が鳴門行きホーム、真ん中が駅舎への道、右が徳島行きホームである。」
三つ足跨線橋から高松方面を背にして、左が鳴門行きホーム、真ん中が駅舎への道、右が徳島行きホームである。

クリックすると拡大します
「駅改札を入った茂みにある巨大な徳利とお猪口。その後ろに祠がある。」
駅改札を入った茂みにある巨大な徳利とお猪口。その後ろに祠がある。

クリックすると拡大します
「どうやら駅の先住の狸をお祀りしたものであるらしい」
どうやら駅の先住の狸をお祀りしたものであるらしい

クリックすると拡大します
「駅から歩いて5分で「大麻中学校」。修学旅行や県外への遠征のときは、まず「おおあさ」とは読んでくれないらしい。(笑)」
駅から歩いて5分で「大麻中学校」。修学旅行や県外への遠征のときは、まず「おおあさ」とは読んでくれないらしい。(笑)
ニックネーム
メアド(表示されません)
タイトル
本文
写真は1枚、10Mまで投稿可能。管理者が認定すれば、下記に投稿されます。
▲JR四国の駅と車窓 【裏】33箇所巡礼のトップへ戻る
カウンター

↓下記より
JR四国の駅と車窓 【裏】33箇所巡礼情報を
ご覧ください。
すべての画像はクリックすると拡大します
第1番札所 高松駅 「大きな駅なのに階段がないぞ」
第2番札所 鬼無駅(きなしえき) 「桃太郎電鉄公認駅」
第3番札所 鬼無駅(きなしえき)〜端岡駅(はしおかえき)「窓から見える山がどこかで見た形」
第4番札所 国分駅+讃岐府中駅「右に左に車掌さんもたいへん」
第5番札所 讃岐塩屋駅 「天井すれすれのパンタグラフ」
第6番札所 箕浦駅(みのうらえき) 「海と国道と駅舎と」
第7番札所 伊予西条駅 「打ち抜きもどき?の飲料水」
第8番札所 今治駅 「勝手に視力検査ができる駅」
第9番札所 大浦駅 「線路2本にホームが1つ しかも片側」
第10番札所 向井原駅(むかいばらえき)「これは、まさか、あの伝説の・・・」
第11番札所 五郎駅 「ゴロ―と鉄子の愛の城」
第12番札所 五十崎駅(いかざきえき) 「ホームは続くよどこまでも」
第13番札所 松丸駅 「駅に温泉が? いえ温泉に駅が付いているんです」
第14番札所 真土駅(まつちえき) 「電車でGO!」
第15番札所 半家駅(はげえき) 「禿の聖地」
第16番札所 安和駅(あわえき) 「黒潮踊る太平洋ぜよ」
第17番札所 土佐新荘駅〜須崎駅 「生活感たっぷりの車窓」
第18番札所 西佐川駅(にしさかわえき)「『東にあるのに西佐川』のミステリー」
第19番札所 新改駅(しんがいえき) 「スイッチバックが見られるぞ」
第20番札所 土佐北川駅 「酒酔い厳禁駅」
第21番札所 大歩危駅(おおぼけえき) 「むかし落語ネタ・いまやパワースポット」
第22番札所 坪尻駅(つぼじりえき) 「全国にその名がとどろく秘境駅」
第23番札所 栗林公園北口駅 「お稲荷さんの駅」
第24番札所 讃岐相生駅(さぬきあいおいえき)〜阿波大宮駅 「三海四山」
第25番札所 板東駅(ばんどうえき)「ホームの鳥居は本物の神様」
第26番札所 池谷駅(いけのたにえき)「狸と謎の徳利と」
第27番札所 教会前駅+金比羅前駅 「なんとなく気になる隣同士のこのふたつの駅」
第28番札所 府中(こう)駅〜麻植塚(おえづか)駅 「来訪者に挑戦する駅名」
第29番札所 学駅 「ご存知、運賃収入より入場券で稼ぐ駅」
第30番札所 三加茂(みかも)駅 「パワースポット駅 いろんな意味で」
第31番札所 由岐駅(ゆきえき)「水族館つきの駅」
第32番札所 日和佐駅(ひわさえき)〜山河内駅(やまがわちえき)「この踏切を渡るのは誰?」
第33番札所 鯖瀬駅(さばせえき)「サバの聖地」
2018年8月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
←2018年7月 2018年9月→

コミュニティはこちらから












みんそら〜みんなのSNS
ふるさとのカクテル「地カクテル」
時計やジュエリー販売〜アイアイイスズ
美味しいわらびもちはいかが?
  〜松風庵 かねすえ

駅コミ<駅からはじまる情報発信>
ジェイアール四国

みんそらSNS


 
Copyright JR四国の駅と車窓 【裏】33箇所巡礼 All rights reserved.
掲載されているすべてのコンテンツの無断使用、掲載を禁止します。