▲JR四国の駅と車窓 【裏】33箇所巡礼のトップへ戻る
第22番札所 坪尻駅(つぼじりえき) 「全国にその名がとどろく秘境駅」
住所: 徳島県三好市池田町西山立谷2486-3
路線区名: 土讃線
駅員: 猿とマムシ
一日に停まる列車の本数:
「全国秘境駅マニアの聖地」

 鉄道マニアのみならず、近頃は、一般人にもその名を知られる駅である。しかし訪れるのは、今もって鉄道マニアのみである。だって普通列車も停まらない。停車する列車は一日に上り5本、下り8本である。3時間待ちは当たり前、上り列車に至っては午後から6時間待ちである。もうひとつこの駅を最強たらしめているその訳は鉄道以外の交通手段では来れないということ。自動車はもちろん自転車(マウンテンバイク)でも、さらに徒歩でもハイヒールでは到達不可能である。線路は両方がトンネル、駅の両サイドは千尋の崖。谷底の駅である。ご存知新宿駅の平均乗降客数/日は100万人だが坪尻駅のそれは2人・・・つまりたった1人が朝に乗ってどこかに行き、夕方に帰ってきて降りているだけ・・・というこの人専用?否この人が亡くなると同時に閉店する駅である。(笑)
 
 この駅、なんぼでもネタがあるのだがまったく書ききれない。面白がり屋の人は、この駅での列車待ちの2、3時間だけでは、うろうろするだけでも面白い発見がたくさんありすぎて廻りきれないだろう。(面白がり屋でない人はホームで昼寝していたら、次のワンマン列車の運転手さんが起こしてくれるだろう 笑)。あ、それと言い忘れたが、こんな場所なので当たり前のようにスイッチバック駅(19番札所参照)である。だいだいスイッチバックがたいした話題にもならない駅も珍しい。(笑)

 駅を一歩出ると暑い季節はマムシとスズメバチがいるので要注意。また、本線はいきなり両トンネルから特急列車が飛び出てくるので線路は歩かないように。たとえここで轢かれても数年間は白骨も発見されないぞ。(笑)


 

 

クリックすると拡大します
「駅ホーム。次の列車まで自分だけの世界に浸れる。」
駅ホーム。次の列車まで自分だけの世界に浸れる。

クリックすると拡大します
「駅前広場。夏はマムシさん達、冬はスズメバチさん達の集会場である。」
駅前広場。夏はマムシさん達、冬はスズメバチさん達の集会場である。

クリックすると拡大します
「人里に通じる駅前道路。」
人里に通じる駅前道路。

クリックすると拡大します
「駅ノート。わざわざこの駅に泊まる猛者がたくさんいる。なんでも夜は蛍光灯に集まる蜘蛛やカマキリや蛾などで待合室は自然界になる(笑)ようでホームで寝るのが鉄則らしい。」
駅ノート。わざわざこの駅に泊まる猛者がたくさんいる。なんでも夜は蛍光灯に集まる蜘蛛やカマキリや蛾などで待合室は自然界になる(笑)ようでホームで寝るのが鉄則らしい。

クリックすると拡大します
「駅トイレ・・・ってこの環境の中、トイレで用を足す必要性が思い当たらない。」
駅トイレ・・・ってこの環境の中、トイレで用を足す必要性が思い当たらない。
クリックすると拡大します
「四国の基幹国道32号線。交通量は多い。その路傍(崖より)におなじみの駅案内板。600メートルとあるが昔は矢印が下を向いていたらしい。(笑)」
「四国の基幹国道32号線。交通量は多い。その路傍(崖より)におなじみの駅案内板。600メートルとあるが昔は矢印が下を向いていたらしい。(笑)」 クリックすると拡大します
「案内板横の路線バスの停留所。見よ!この時刻表。誰かここから鉄道に乗り換えるのか?」
「案内板横の路線バスの停留所。見よ!この時刻表。誰かここから鉄道に乗り換えるのか?」 クリックすると拡大します
「案内板の近くを探すと駅への進入路が見つかる。その幅約30センチ。」
「案内板の近くを探すと駅への進入路が見つかる。その幅約30センチ。」 クリックすると拡大します
「延々と下ってくると30分で駅前の元キオスク(笑)に出る。」
「延々と下ってくると30分で駅前の元キオスク(笑)に出る。」 クリックすると拡大します
「ようやく坪尻駅にたどりついたところで、見よ!この時刻表。どうする? しかしここから新幹線阪神往復フリー切符を買う奴いるのか?」
「ようやく坪尻駅にたどりついたところで、見よ!この時刻表。どうする? しかしここから新幹線阪神往復フリー切符を買う奴いるのか?」
坪尻駅へ通じる道
2012.10.25

坪尻駅への道は二本あり、その一本は国道32号線からの進入路である。つまり坪尻駅は国道沿いの駅である。しかし国道からいけるもんならいってみやがれ。(笑)
ニックネーム
メアド(表示されません)
タイトル
本文
写真は1枚、10Mまで投稿可能。管理者が認定すれば、下記に投稿されます。
▲JR四国の駅と車窓 【裏】33箇所巡礼のトップへ戻る
カウンター

↓下記より
JR四国の駅と車窓 【裏】33箇所巡礼情報を
ご覧ください。
すべての画像はクリックすると拡大します
第1番札所 高松駅 「大きな駅なのに階段がないぞ」
第2番札所 鬼無駅(きなしえき) 「桃太郎電鉄公認駅」
第3番札所 鬼無駅(きなしえき)〜端岡駅(はしおかえき)「窓から見える山がどこかで見た形」
第4番札所 国分駅+讃岐府中駅「右に左に車掌さんもたいへん」
第5番札所 讃岐塩屋駅 「天井すれすれのパンタグラフ」
第6番札所 箕浦駅(みのうらえき) 「海と国道と駅舎と」
第7番札所 伊予西条駅 「打ち抜きもどき?の飲料水」
第8番札所 今治駅 「勝手に視力検査ができる駅」
第9番札所 大浦駅 「線路2本にホームが1つ しかも片側」
第10番札所 向井原駅(むかいばらえき)「これは、まさか、あの伝説の・・・」
第11番札所 五郎駅 「ゴロ―と鉄子の愛の城」
第12番札所 五十崎駅(いかざきえき) 「ホームは続くよどこまでも」
第13番札所 松丸駅 「駅に温泉が? いえ温泉に駅が付いているんです」
第14番札所 真土駅(まつちえき) 「電車でGO!」
第15番札所 半家駅(はげえき) 「禿の聖地」
第16番札所 安和駅(あわえき) 「黒潮踊る太平洋ぜよ」
第17番札所 土佐新荘駅〜須崎駅 「生活感たっぷりの車窓」
第18番札所 西佐川駅(にしさかわえき)「『東にあるのに西佐川』のミステリー」
第19番札所 新改駅(しんがいえき) 「スイッチバックが見られるぞ」
第20番札所 土佐北川駅 「酒酔い厳禁駅」
第21番札所 大歩危駅(おおぼけえき) 「むかし落語ネタ・いまやパワースポット」
第22番札所 坪尻駅(つぼじりえき) 「全国にその名がとどろく秘境駅」
第23番札所 栗林公園北口駅 「お稲荷さんの駅」
第24番札所 讃岐相生駅(さぬきあいおいえき)〜阿波大宮駅 「三海四山」
第25番札所 板東駅(ばんどうえき)「ホームの鳥居は本物の神様」
第26番札所 池谷駅(いけのたにえき)「狸と謎の徳利と」
第27番札所 教会前駅+金比羅前駅 「なんとなく気になる隣同士のこのふたつの駅」
第28番札所 府中(こう)駅〜麻植塚(おえづか)駅 「来訪者に挑戦する駅名」
第29番札所 学駅 「ご存知、運賃収入より入場券で稼ぐ駅」
第30番札所 三加茂(みかも)駅 「パワースポット駅 いろんな意味で」
第31番札所 由岐駅(ゆきえき)「水族館つきの駅」
第32番札所 日和佐駅(ひわさえき)〜山河内駅(やまがわちえき)「この踏切を渡るのは誰?」
第33番札所 鯖瀬駅(さばせえき)「サバの聖地」
2018年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
←2018年9月 2018年11月→

コミュニティはこちらから
坪尻駅へ通じる道 2012.10.25












みんそら〜みんなのSNS
ふるさとのカクテル「地カクテル」
時計やジュエリー販売〜アイアイイスズ
美味しいわらびもちはいかが?
  〜松風庵 かねすえ

駅コミ<駅からはじまる情報発信>
ジェイアール四国

みんそらSNS


 
Copyright JR四国の駅と車窓 【裏】33箇所巡礼 All rights reserved.
掲載されているすべてのコンテンツの無断使用、掲載を禁止します。